美し国

美し国とは
趣意書
代表挨拶
活動紹介
最新イベント
講師紹介
入会案内
個人情報の取り扱い
特定商取引法に基づく表示
会則
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 活動報告
  • 携帯メルマガ

美し国とは

代表挨拶

代表 菅家一比古

「美し国」とは日本人のDNAをスイッチONにする新しい運動

私たちの人生にはそれぞれ課題や宿題、目標を実現するための困難が待っています。そしていつの時代にどこの国に生まれ、どのような父や母との出会いが必要なのか。また人々とのつながりや社会的立場、生活環境などの舞台が与えられます。それこそがこの世に「生」を享け、自らの使命を果たすためにもたらされた「学びの場」なのです。
この時代、この日本に生れたことに重要な意味があります。あなたにしかできない使命が用意されているのです。つまり私の人生は私だけのものではなく、私の所有物ですらありません。自らの天命を知り、天命に生きようと志し、天の存在を意識し祈り始めたとき、あなたにとっての本当の人生が始まります。人生に期待するのではなく、人生が私に何を期待しているのかを日々自分に問い続け、自己を見つめ、祈り、感謝し、行動を続けていくことが私たちの務めなのです。

代表 菅家一比古

菅家一比古

行きづまりをみせる近代文明 近代文明が行きづまりを見せ、世界秩序が混沌としております。二十一世紀に入り世界は日本を真に必要としているに違いありません。これからの日本人はより一層日本を世界に発信していかなければならならなくなるでしょう。しかしながら日本も多くの問題を抱えています。一昔前の日本人は魂の輝きを放っていました。日本を顕らしめてやまない生命(伝統・文化・精神・魂)をしっかりと捉えていたのです。しかし戦後七十年の間に骨抜きにされてしまった日本人は個人主義が台頭し、家族や社会との絆が薄れ、それにより生命を捉える魂の眼も大きく後退してしまいました。 第四の国難を救う「真の日本人」の結集 日本はいま「第四の国難」を迎えています。第一の国難は「元寇」の時。第二の国難は「幕末から明治維新」。第三の国難は「大東亜戦争前後」。ここまでは実に相手がハッキリしていて分かり易いのです。では現代の国難は一体誰が相手なのでしょうか。実は第四の国難の相手とは、「日本人自身」です。日本人の内側から崩れていく危機、すなわち「魂の危機」なのです。 この危機は過去のどの危機よりも深刻です。我が国始まって以来の危機と言ってもよいでしょう。この魂という目に見えない危機に瀕しているからこそ、美し国「日本蘇り」運動が始まったのです。眠っている日本人のDNAを目覚めさせるしかないのです。

一人から始める。一人でも始める。一人でも続ける。

美し国運動を通じてのあなたの学びと使命への気づきこそが、「日本蘇り」へとつながってまいります。多くの皆様のご賛同とご参加を心よりお待ち申し上げております。

副代表 池田整治

我々日本人がヤマトごころの復活を遂げるためには本当のことを知り、本来の「世界一賢い国民」として、叡智を出さなければなりません。それが現代地球社会における日本人の本来の役割なのです。

日本人は縄文時代から自然と共生する人間味溢れる文明を連綿と築いてきました。 江戸時代では、唯一税金を払っていた農民も非常に豊かな生活をおくり、260年間も戦いがなく、市民にとってまさにパラダイス社会でした。そこには、「世界一賢いお上」と「世界一賢い国民」が奏でる右脳の感性豊かな、この世のパラダイス社会があったのです。彼らは、身分階級を超えて、様々な勉強会を行いました。

身分や年齢や階級を聞くという無粋なことはしません。 そこでは、人間性の高さこそが全てのバロメーターでした。

高知識(左脳)と高感性(右脳)が統合することにより霊魂は啓かれます。つまり、これまで現代文明が置き去りにしてきた霊性(人間性)の向上がポイントなのです。

副代表 池田整治

池田整治

自分の生きる道は自分で切り開き決断して行かなければなりません。まさに、一人からの霊性のルネッサンスの「瞬間(とき)」であります。この美し国運動が、その霊性向上への旅のターニングポイントになっていることは言うまでもありません。世界の雛形たる自然と共生した新ヤマト社会の実現を目指し共に立ち上がりましょう。 多くの人々の参加を心から望んでいます。

特別顧問 加瀬英明

日本が先の戦争に敗れて、占領軍が日本の国民精神を壊してしまうまでは、祖国のお陰を蒙って生きていることを、皇恩といって感謝したものだった。

天皇陛下のお陰で、私たちが毎日生きているのを感謝することを意味していた。

「皇恩」というと、今日の多くの日本人が「民主的ではない」「古い」といって、過去の亡霊のように斥けてしまう。東日本大震災に当たって、天皇皇后両陛下が被災民を真心こめて見舞われた。菅首相が避難所を訪れて、被災者から「もう帰るの?」と詰められたのと、何と大きく違っていたことか。多くの国民が、天皇あっての日本だと心を打たれた。

今日、日本は125代目の天皇を戴いている。そして、古代から「天皇に 私(わたくし)なし」といわれてきたが、125人のなかで贅ぜいに耽ふけった天皇は、一人としておいでにならない。

特別顧問 加瀬英明

加瀬英明

日本の歴代の天皇は大規模な天災に見舞われた後に、第45代の聖武天皇が「朕(ちん)の教化に足らざるところがあった」、第51代の平城天皇が「朕の真心が天に通じず天災を招いたが、この災いについて考えると、責任は朕一人にある」、第56代の清和天皇が「朕の不明を恥じ、恐れるばかり」といって、 詔(みことのり)のなかで自分の不徳を責めている。多くの天皇が災いを自分に帰している詔を発している。

天皇の存在は有難い。天皇は私心を持たずに、つねに国民のために祈ってきた。 ここにも、日本の美しい国柄が表われている。

「美し国」はこの様な本来の日本の姿の蘇りのため菅家一比古代表によって立ち上げられた。まさに時代的要請によるものである。この動きは必ず大きな国民運動となるであろう。いやならねばならぬのである。

天皇国日本の弥栄(いやさか)を祈り、「美し国」を皆で共に支援して行きたいと願っているものである。

ページのトップへ

Copyright c umashikuni ALL Rights Reserved.